串川に設置するNew傾斜版が完成しました(5月1日設置予定)。

 今年度のアユの遡上実験に向け、串川に設置予定のNew傾斜版が完成しました。

 昨年度に彼杵川に設置した傾斜版は、残念ながら大雨により流出しました。
 そこで、今年度は、2年前の実験でアユの遡上が確認された串川に実験フィールドを戻し、再びアユの遡上実験に挑戦します。

 これまでの経験を踏まえ、上辺をこれまでの175cmから255cm、傾斜角度をこれまでの47度から35度と緩傾斜にし、材料は腐りにくい杉の木を採用しています。

 新型コロナウイルス感染防止対策として、東彼杵町外の河川団メンバーは不参加となりますが、町内の有志メンバーで5月1日(金)に串川に設置の予定です。

 全国の団員の皆さま、引き続きご協力をお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA