第1回 “わくわく どきどき ちびっこ川の探検団” IN 彼杵川

 8月18日(土)の午後、気持ちの良い青空のもと、地元の「やまだこども園」の年長児を迎えて、第1回 “わくわく どきどき ちびっこ川の探検団”をついに開催することができました。
 “わくわく どきどき ちびっこ川の探検団”とは、1つ上の先輩方が、幼児期の子どもたちの自然体験活動の一つとして「川」に着目され、安全面の問題などから日頃の保育にはなかなか取り入れにくい「川あそび」の実現を目指して取り組んでこられたものです。
 先輩方が作られた教材などを引き継ぎ、今年度、初めての「川あそび」を行うことができました。当日の様子をご紹介します。

1. 導入~お約束
 初めに、8月8日に一緒に遊んだ「はじまるよ~彼杵川Ver.~」の手遊びを楽しみ、歌の最後に出てくる「“彼杵川”はここだよ。知っていた?」と、子どもたちが地元の川に目を向けられるような導入を行いました。楽しく元気に手遊びをしながらも、子どもたちは目の前を流れる川に興味津々です。「早く川に入りたいな~。」という子どもたちの心の声を強く感じながら、できるだけ、短時間でわかりやすく話すよう心掛けました。

 



【お約束】
⓵決められた場所で遊ぼう。(飛び石の向こう側には行かない。)
⓶走らない。
⓷石などを投げない。
⓸危ないとき、大変な時は、大きな声で誰かを呼ぼう。
*子どもたちが注目しやすいように、イラストで示しました。

2. 川の中には何がいるかな?
 2人1組になって、子どもたちはいよいよ川の中へ!それぞれのペアに学生がついて、一緒に川遊びを楽しみました。
 川に入る時には、緊張した表情の子どもたち。水に足を入れた時のヒンヤリとした感触に少しビックリしながら、恐る恐る川の中を歩き始めました。

 



網を持って、一生懸命お魚を追いかける子ども。
川の中の石ころを楽しそうに集めて回る子ども。
すくった魚を得意げに見せてくれる子ども。
初めはなかなか水と近づけなかったけれど、慣れてくるとペットボトル水中メガネで夢中になって水の中をのぞく子ども。
ライフジャケットを着て、流れを感じてみる子ども。
お風呂のように浸かって、ゆったりとした時を過ごす子ども。
楽しそうに川の流れに逆らって歩く子ども。

 





 思い思いに川の中を動き回る子どもたちの姿がキラキラして見えました。私たちが準備したのは、道具のみ。それらの道具をどのように使うのか、川の中でどのように遊ぶのか・・・・・。全ては子どもたち次第です。私たちは、子どもたちの主体性を大切にしながら寄り添い、その中で、子どもたちから様々なことを教わりました。慣れてくると、川の中を逞しく歩き出す子どもたちの順応性には大変驚かされました。生き生きと楽しそうに遊ぶ子どもたちの姿・・・・忘れられません。

3. 小さな川の水族館
 川の生き物が水槽の中にいっぱいになったところで、皆水から上がって少し休憩。同時に、「小さな川の水族館」と題して、この日捕まえた川の生き物たちを全員で観察しました。ここは、専門家の力をお借りして、団員の坂本さん(筑波大学OB)と筑波大学白川研究室の方が子どもたちに、わかりやすく、川の生き物の名前や特徴を教えてくださいました。

 これは、私たちだけでは成り立たなかったプログラム。様々な領域の専門家ネットワークが実現しているこの団体だからこそで、大変有難く思いました。8月8日、保育室で「川の生き物を知ってる?」と問いかけた時には、「クジラ」「サメ」「イカ」と答えてくれた子どもたちが、カワムツやオイカワなどの名前を覚え、大きな声で何度も言ってくれました。

 また、この日の午前中には、団員の林さんが、彼杵川で大きな“ナマズ”を捕獲してくださり、子どもたちも私たちも、なかなか出会うことのない“ナマズ”も間近で見ることができました。

4. お魚さんたち元気でね!
 「今日捕まえたお魚さんたち、どうしようか?」という問いかけに、子どもたちは、「お家に返す~」と大きな声ではっきりと答えてくれました。「そうだよね。みんなもお家に帰れないと寂しいよね。お家に帰るとホッとするよね。」ということで…全員でお魚さんたちを川に戻しました。子どもたちは、お気に入りの生き物をすくい、小さな手で優しく川に返してくれました。
 「元気でね~」
 「また会おうね~」
と、川の生き物と会話しながら、リリース会を行いました。

  

5. まとめ~今日のことを忘れないでね。~
 最後は、8月8日と18日の2日間、川や生き物のことを一生懸命に考えてくれたこと、私たちと楽しく遊んでくれたことに「ありがとう」という想いを込めて、私たちからのプレゼントを渡しました!お魚さん型のメダルと、お魚さん風船。
「これを見たら、今日のことを思い出してね。」
「お家の人に、このお魚さんを見せて、今日のことをお話してあげてね。」
「時々、お魚さんたちに会いに来てね。」
と声をかけながらお別れです。子どもたちは、喜んでくれたようです。

 

最後に全員で集合写真を撮りました。子どもたちはお疲れ気味の表情ですね・・・。暑い中、来てくれてありがとう!



 このイベント開催におきましては、彼杵おもしろ河川団の皆さん、町の役場の方々に大変お世話になりました。準備段階では、各専門分野からの貴重なご意見を頂き、また、当日も強力なサポートを頂き、心から感謝しております。本当にありがとうございました。
 何より、この活動に快くご協力くださっている「やまだこども園」の先生方、子どもたちにも感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。

 今回は、初めての開催ということもあり、たくさんの反省点、課題が見つかりました。次の開催に向けて整理し、改善しながら、より充実したものになるよう、全員で考えていきたいと思います。

西九州大学短期大学部 今神・渡辺・吉田

「東彼杵・川の探検団」イベント終了

 8 月18 日(土)彼杵川カッパ公園 階段下広場で「東彼杵・川の探検団」が開催されました。
 ご参加いただいた皆様、応援・ご協力くださいましたスタッフの方々、たいへんありがとうございました。詳しくは近日中にレポートいたします!

やまだこども園の子どもたちとの交流&設定保育

 8月8日(水)、ゼミ生11名で東彼杵町の「やまだこども園」に伺い、8月18日(土)の彼杵川での川遊びを前に、子どもたちに自然環境や生き物に少しでも興味を持ってもらうこと、また、活動を通して身近にある彼杵川に目を向けてもらうことを目的に、年中・年長の子どもたちと交流させて頂くことができました。その時の様子をご紹介します。

日 時:平成30年8月8日(水) 10時から13時
場 所:認定こども園 やまだこども園 ホール
参加者:やまだこども園の年長児・年中児、理事長先生、園長先生、深草先生(主幹教諭)、年長クラス担任、年中クラス担任

●ねらい
1.生き物や生き物の住み家など、自然環境の大切さに気付く。
2.8月18日(土)の活動に期待を持つ。

●主な活動
「魚釣りゲーム」をする。

●保育の展開
1.自己紹介
 園長先生や深草先生にご紹介いただき、子どもたちの前で挨拶をしました。初めて会う子どもたちや先生方の前に立ち、非常に緊張しました。

 私たちの緊張が子どもたちにも伝わってしまったようで、子どもたちも初めは様子を伺っているような雰囲気がありました。



2.導入(手遊び)
 1つ上の先輩方が作った、「はじまるよ~彼杵川Ver.~」を子どもたちの前で披露。ドジョウやアユ、ナマズ、カニ…生き物の特徴などについても少しお話しながら、川の生き物が出てくる手遊びを子どもたちは楽しんでくれました。

3.好きな生き物を描いてみよう!
 「手遊びに出てきた生き物以外に、どんな川の生き物を知っているかな?」という問いかけに、「クラゲ」「クジラ」「タコ」「サメ」と元気よく答えてくれた子どもたち。海に住んでいる生き物、川に住んでいる生き物について、それぞれお話しながら、“お絵かきタイム”へ!学生と会話しながら、思い思いのカラフルでパワフルな絵を楽しそうに描いてくれました。

「アメンボってどんなになってるっけ?」という子どもの質問に、学生がなかなか上手く答えられず四苦八苦する場面もありました。生き物についての知識も必要なことに、あらためて気づかされました。



4.紙芝居

 1つ上の先輩方が作られた絵本を紙芝居にして、子どもたちの前で初披露。「つながる~ぼくたちの住む町~」というタイトル。土砂崩れで避難した主人公が、避難所で「ぼくたちには目や耳や口があるけど、話すことができない魚たちはどうしているんだろうか…」と、川の生き物に思いを寄せるストーリーで、読み終わった後、「土砂崩れが起こった川や、ゴミで汚れた川に住む生き物たちの気持ちはどうだろうか?」と問いかけると、「助ける!」と勢いよく答えてくれる子どもや、「かわいそう」と生き物の気持ちになって考えてくれる子どもたちがいました。

 どうしたらきれいで穏やかな川を守ることができるのか、子どもたちと一緒に考える時間となりました。

 



5.魚釣りゲーム

 8月18日には、近くの川に暮らす生き物に一緒に会いに行くことを子どもたちに伝えると、ニコニコ笑顔が見られました。「18日には、本物の魚やカニさんに会って触れることができるけれど、今日は皆が描いたお魚さんを楽しく釣ろう!」ということで…“魚釣りゲーム”へ!川に見立てたビニールシートの周りで釣りボウズ?!・・・そんなことはなく、皆楽しくお目当ての魚を釣り上げました!



6.魚を“お家”に返してあげよう

 8月18日のリリース会をイメージして、「釣ったお魚はお家に返してあげよう!」と、大きな川にお魚さんをペタペタ貼ってお別れ。子どもたちが描いた色とりどりな生き物たちが、川で元気に泳いでいる様子が表現されました。

7.まとめ
 この日の活動を通して、川にはたくさんの生き物が暮らしていること、川の生き物やその住み家を守ることが大切なことを一緒に振り返りながら、そのために「自分たちは何ができるのか?」と問いかけて終わりとなりました。「何ができるんだろう…」と真剣に考える子どもたちの表情がとても頼もしく感じられました。

 設定保育の後は、園内を見学させて頂いたり、給食を頂いたり、充実した刺激ある時間を過ごすことができました。お忙しい中、温かく迎えてくださった、理事長先生、園長先生をはじめ先生方、元気に迎えてくれた子どもたちに心から感謝いたします。ありがとうございました。

 8月18日のイベントに向けて、これからまた準備を頑張っていきたいと思います。

西九州大学短期大学部 東、森山

鮎の遡上実験に参加して

 私たちは、「幼児期の自然体験」をテーマに卒業課題研究に取り組んでおり、特に、川を生かしながら子どもたちとどのようにかかわることができるのかを探求しています。今回は、夏に実施予定の「川遊び」イベントについて現場を見ながら考え、企画のヒントを得られたらと思い活動に参加させていただきました。

 午前中、彼杵川の視察を行い、子どもたちの川遊びをイメージしながら、安全な場所や川の様子を確認しました。また、彼杵川に生息する生き物について、河川団の皆さんに詳しくお聞きすることができました。この日は、あいにくのお天気で水かさも増していましたが、天候によって気を付けなければならないことも変わるため、改めて安全に活動するためには何が必要なのかを考える機会となりました。

 午後は、串川で行われた、鮎の遡上実験に参加させていただきました。私たちは、鮎の遡上実験の準備をするグループと、鮎のハミ跡を調査するグループに分かれて作業しました。 鮎のハミ跡調査は、傾斜板が設置してある上流の川に入って行いました。ハミ跡とは、鮎が川底の岩石についたケイ藻類を食い取った跡のことで、手のひらより大きめのツルツルとした石に跡がついていることが多いと教えて頂きました。

 実際のハミ跡を見せてもらうと、タラコのような形をした黒っぽい跡がついていました。私たちも実際に川に入り探してみましたが、今回の調査では、ハミ跡を見つけることができませんでした。

 ハミ跡は見つけることができませんでしたが、「なんか動いている!」「何これ?」と不思議なものを発見!川と生き物のプロ、荒巻さんにお尋ねすると、ヨシノボリの孵化する前の卵だということを教えていただきました。

 初めて見た私たちは大興奮。これから一緒に活動する子どもたちと、このような感動や興奮を共に味わえるといいな・・・そんな気持ちになりました。

 これから夏に向けて、子どもたちと楽しめるような川遊び〝わくわく どきどき ちびっこ川の探検団” の企画を筑波大学の皆さんと協力しながら考えていきたいと思います。

 西九州大学短期大学部 江口、輪内

幼児を対象とした「川遊び」について考える ~夏合宿編2~

<西九州大学短期大学部 幼児保育学科 津上ゼミ 夏合宿レポ⓶>

【2日目】
合宿2日目は残念ながら雨が降り、宿舎のそばを流れる川も水かさが増し、流れも速くなっていました。7月29日に受講した「川の安全講習」では、講師の中島さんから川の危険性についてお話があり増水事故についても教わりましたが、改めて、子どもたちが川で楽しく遊ぶために必要なこと、自分たちの責任というものを考える機会となりました。びっくりするほどの大雨で、彼杵川での活動は行うことができませんでしたが、1日目の活動を振り返りながら整理し、今後の活動内容についてディスカッションを行いました。

‐平成29年度 後期のゼミ活動‐
● アユや他の生き物を題材にした「仕掛け図鑑」の制作。
● 山・川・海をつなぐ絵本の制作。

後期(10月~)も、おもしろ河川団の皆さんに教わったことを生かしながら、幼児期の川遊び・環境教育について考えていきたいと思います。

最後になりましたが、温かいおもてなしをしてくださいました永富様、宿の手配や遊びの指導をしてくださいました池田団長、ご多忙の中駆けつけてくださいました林様、森様、本当にありがとうございました。

幼児を対象とした「川遊び」について考える ~夏合宿編~

<西九州大学短期大学部 津上ゼミ 夏合宿レポ ~1日目~>

8月8日(火)から9日(水)にかけて、東彼杵町での夏合宿を行いました。
― 目的 -
1・川遊びを体験しながら川に潜む危険を知り、安全への理解を深める。
2・子どもたちに自然体験(川遊び)の楽しさや魅力を伝えるため、まずは自分たちが自然体験を楽しむこと。
3・幼児を対象とした「川遊び」について考える。
(必要な配慮点に気づき、実践に生かせるようにすること)

【1日目】
● 宿に到着
聖流庵に到着し、永富さんにご挨拶をしました。早速、「宿のそばを流れる川でスイカを冷やしておいで!」と課題を出され、2名が挑戦!見事に成功!!幼いころ、夏休みに祖父母の家に遊びに行った時のワクワク感を思い出すような、懐かしさと温かさを感じる体験ができました。

● 教材つくり
彼杵川に移動する前、子どもたちとの「川遊び」に用いる教材つくりを行いました。

1つ目は、「ペットボトルいかだ」。大量に集めたペットボトルを組み立て、いかだつくりをしました。どのようにしたら頑丈に作れるのか、試行錯誤。子どもたちの安全面への配慮が何より大切です。

2つ目は「ペットボトル水中めがね」。ペットボトルを切って、切り口を危なくないようにテープで包みます。そこに、サランラップを張り、輪ゴムで止めたら完成!このような簡単に作れるアイテムを子どもたちと一緒に製作することで、「川遊び」を楽しみにできるような雰囲気づくりができるのではないかとの気づきが生まれました。

● 彼杵川での川遊び
製作した教材を使って、彼杵川で実際に「川遊び」を行いました。
*ペットボトルいかだ*
大人1人が乗って浮くことができましたが、大きさや強度などが不十分であり、材料や作り方を再検討する必要があります。また、幼児を対象とした「川遊び」に取り入れるためには、⓵幼児が乗りやすいような工夫(持ち手をつけるなど)、⓶安全に乗れるような工夫(落ちないような設計など)、⓷楽しく乗れるような工夫(装飾を施すなど)が必要であるとの反省点が挙げられ、今後の課題となりました。

*ペットボトル水中めがね*
簡単に製作できるアイテムですが、実際に使ってみると水の中の魚がよく見え、持ちやすくもあり、子どもたちの活動に用いやすいものであることがわかりました。

*彼杵川の環境や生き物*
ゼミ生全員で、川に入り、川沿いを歩き、各エリアの岩や石の状況、植物や生物の様子、水深などを観察しました。それをエリアごとにまとめてみると、幼児が活動しやすいエリアや活動内容を検討する材料として非常に有用であることに気づきました。彼杵川に遊びにきた子どもや親子のための「彼杵川マップ」を作ったら面白いかも!とのアイディアが生まれ、今後の活動につながっていきそうです。

●団員の方々との交流
夕方は、聖流庵の永富さんにお手伝い頂きながら、バーベキューを行いました。シュノーケリングをご指導くださった池田団長や、林さん、森さんも駆けつけてくださり、川の生き物やどじょうの養殖の話を伺うこともできました。お忙しい中、ありがとうございました。

幼児期の自然体験~「わくわく どきどき ちびっこ川の探検団」

 西九州大学短期大学部の津上ゼミのグループが「彼杵おもしろ河川団」の協力のもと自然の体験学習を行いました。

  • 日時:平成29年7月29日(土) 10:00~16:00
  • 場所:彼杵川河川公園、その他(シュノーケリングについては、当日検討)
  • 参加者:西九州大学短期大学部 幼児保育学科 津上ゼミ学生17名(男子2名、女子15名)教員1名
  • 指導者:池田健一 氏(彼杵おもしろ河川団 代表)
        中島忠 氏(国土交通省 九州地方整備局 遠賀川河川事務所)
        五十嵐克也 氏(公益財団法人 日本釣振興会)
  • 協力者:荒巻 陽介 氏(河川生物コンサルティング)
        中島 惇 氏(彼杵おもしろ河川団生き物調理担当)

9:30
<彼杵川集合>
彼杵おもしろ河川団、彼杵町町議会議員の後城氏と立山氏も参加されました。


10:00~
<川の安全講習会>
中島事務局長が川の安全教育と救助方法を説明。国交省の河川事務所の仕事をされておられ説得力があります。

 アイスブレーキングを行いコミュニケーションアップを行なった後に救命ローブ投入の訓練。

 その後救命胴衣を着用し川に入り泳ぎの体験を行いました。

13:00~
<シュノーケリング>
池田団長が担当。厳しい訓練が行われました。荒巻氏が安全のため、福岡から参加されました。

13:00
<釣り>
日本釣振興会長崎県支部の五十嵐氏から釣りの講習が行われました。オイカワが釣れました。

 猛暑の中の体験学習でしたが、参加の皆様は貴重な体験ができました。
スタッフの皆様お疲れさまでした。

 

活動報告

 5月13日 西九州 短期大学部 津上ゼミ7人と彼杵おもしろ河川団スタッフが集まり、彼杵川鮎遡上実験・串川鮎はみ痕調査・どじょう養殖水田にどじょう放流をお行いました。

参加スタッフ:池田団長、中島事務局長とご子息、坂本顧問、吉永氏、和田氏、坂本氏、荒巻氏、林氏、横尾氏、五十嵐氏 そして津上ゼミ7人を含め合計18人です。

彼杵川魚道の検証

どじょう繁殖実験場池(八反田)

串川アユ遡上・はみ痕調査(串川)



 遠方よりご参加いただきました皆様、お疲れさまでした。

彼杵おもしろ河川団 新団員です! よろしくお願いします!!

西九州大学短期大学部 幼児保育学科 津上ゼミ

 はじめまして。私たちは、佐賀県にある西九州大学短期大学部 幼児保育学科の津上ゼミです。私たち津上ゼミは、臨床心理学を専門とする津上先生のもと、男子2名、女子15名の計17名で活動しています。私たちは、元気と好奇心に溢れた、とても個性豊かなグループです。

時に真剣に、真面目に、楽しむときは思いっきり楽しみながら、たくさんの人と有意義な時間を過ごしていきたいと思っています。

 保育者を目指す私たちは、今年度、「幼児期の自然体験」をテーマに活動することにしました。自然体験の中でも私たちが注目したのは「川遊び」!水の持つ独特の感触というのは、小さな子どもに感覚的な快感・満足感・さらに解放感を与えてくれるそうです。ゼミの中には、小さい頃に川や田んぼで楽しく遊んだ経験のあるゼミ生もいて、「たくさんの子どもたちに同じような体験をしてほしい!」という想いを持っています。楽しく、安全に、のびのびと、川の水に触れること、川の中の生き物と触れ合うこと、川を通して人と触れ合うことのできるような子どもたちとの「川遊び」を追求していきたいと思います。

“わくわく どきどき ちびっこ川の探検団”  始動!!!

 川にはたくさんの楽しい遊びがあります。一緒に川を探検しながら、色々な発見や感動を味わいましょう。 

西九州大学短期大学部 津上ゼミ