音楽の力でサポートしたい!

趣味で始めた音楽活動。当初はおやじたちの自己満足だったのが、プロの音楽家の方々と知り合い、活動を広げていくうち 素晴らしい音楽を 特に地元の子供たちに聞かせたい、、そんな活動に変わってきています。

商売での付き合いのあった池田さんも音楽好き、私の活動を応援していただくなか、今度は私が皆さんの応援をしたい、そんな思いでいます。
そして池田さんとの共作として『東彼杵ラプソディー』が生まれました。

『東彼杵ラプソディー』

作詞:池田健一・藤澤美香  作曲:藤澤美香


私が小学生のころ 夏休みになると毎日のように泳いでいた彼杵海水浴場も今は閉鎖。
そんな大村湾をきれいにしようと、この道のプロ達が様々な視点から取り組んでいる。
それは単に自然環境を守る活動だけでなく、日本の抱える問題に正面から立ち向かう頼もしい姿です。

この活動を多くの人に知ってもらい、この輪を広げていく。
音楽の力がその一助となることを信じています。

FUGENオールスターズ
代表 藤澤克次

小学校統廃合記念

 「東彼杵なつやすみ」は、大楠小学校と音琴小学校が廃校になり彼杵小学校へと統合される。その記念として製作しました。また、作詞、作曲、編曲のすべてを彼杵おもしろ河川団のメンバーである筑波大学白川研究室の学生が担当しました(以下に経緯を記します)。

〈製作の経緯〉
◆2015年5月:
 東彼杵町訪問時に住民等の関係者より,学校統合記念,もしくは東彼杵町のまちおこしの為の曲づくりの依頼を受ける
◆2015年6月:
 坂本(筑波大学白川研)が作詞
◆2015年6月:
 向田(筑波大学白川研)が作曲
◆2015年8月:
 坂本、向田、小沼(筑波大学白川研)が東彼杵に赴きPV映像を撮影(撮影協力:彼杵おもしろ河川団,東彼杵清流会、東彼杵町役場)
◆2015年9月:
 向田(筑波大学白川研)がバンドverを収録
◆2015年9月:
 有木(筑波大学白川研)が編集
◆2015年10月:
 筑波大学アカペラサークルの協力の元,合唱verを収録
◆2015年10月:
 有木(筑波大学白川研)が合唱verを編曲
◆2015年11月:
 坂本,鴨志田(筑波大学白川研)がPV及びジャケットを作成
◆2015年11月:
 研究室有志の出資によりCD制作(初回盤200枚)
◆2015年11月:
 制作関係者よりCD初回盤を学校及や町役場に寄贈


東彼杵なつやすみ

%e6%9d%b1%e5%bd%bc%e6%9d%b5%e3%81%aa%e3%81%a4%e3%82%84%e3%81%99%e3%81%bf%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%88

 記念CDとして「彼杵おもしろ河川団」のメンバーである「筑波大学白川研究室」の若い学生さんに、この曲を作詞、作曲、CD製作をして頂きました。

 「この東彼杵なつやすみ」は毎年統合された子ども達が夏休み前になると、全員で合唱し、地域の宝物である「水辺によりそった大楠や音琴、彼杵の美しき風景」を、全員合唱する事で、その記憶を紡いで行き、伝えてくれたら、という思いで作られています。