海フェスタ”大村湾”の当町での活動を振り返って

 ご存知ですか?
 「うさぎ追いしかの山 こぶな釣りしかの川・・・」
 100年以上前につくられた文部省唱歌です。これは、見事に「森と川と人と生き物との共生」を歌い上げています。そして、
 「われは海の子 白波の さわぐ磯辺の松原に・・・我が懐かしき住み家なり」
 「ふるさと」と「われは海の子」。私たちの世代、50年前まで、この2つの歌は、「“森と山と海に寄り添う”そんな風土や気質を大事にしよう。」と、日本中の子ども達と親のテーマソングとして歌い継がれていました。豊かな自然環境こそが、私たちの「ふるさと」。そんな時代は、確かにありました。

 この50年、私たちは、便利であることを豊かさだと思い込み、便利さだけを追い求めてきました。しかし、その便利さの陰に大切な忘れ物をしてきたように思います。それは「自然との共生」です。この忘れ物を取り戻そうと、平成9年の河川法改正では「河川環境の整備と保全」が追加され、治水・利水・環境の三つを両立してこそ、真の豊かさだと訴えられるようになりました。河川法の解釈は、一般の私たちには価値として伝わらず、大学等の研究機関やそれにかかわる行政の各専門部署、施行業者及び民間会社の枠内でとどまっているという印象を受けます。これまで数回参加させて頂いた、全国や九州の川のワークショップでも、そのような想いを抱き続けてまいりました。

 私たちの住む日本は、民主主義の国です。・・・多くの人の参加が求められています。

 「『うさぎ追いしかの山 こぶな釣りしかの川…』と皆さん、歌ってください。」
 「豊かな水辺の環境を守ってください。」
と、研究者や専門家にも一番大事なことですが、関心のある人々がどんなに熱心に、まじめに勧めても、子どもたちやその両親、周りの大人たちや老人が「水辺を守ろう」「森を守ろう」と、そこに寄り添わないと、専門の研究だけでは、学問のための研究室レベルのムーブメントに終止し、オープンに、自由に、大多数の方々が集合してくれませんし、日本の豊かな風土は、砂の上の建物に終わってしまいます。

 私たち「彼杵おもしろ河川団」は、幸いなことに“強い絆で結ばれた奇跡のネットワーク”が確立されています。筑波大学「人と川のゼミ」、JRRN(日本河川・流域再生ネットワーク)、福岡から河川土木と河川生物の民間コンサルタント会社、国交省職員、長崎県北振興局河川課、当町の自治体や民間ボランティアグループ等、それぞれのスペシャリストの集団が集合されています。これまでは「彼杵小学校総合学習」「川の生き物の遡上」「どじょうの養殖」などを推し進めてきました。そのような中、今年7月の北部九州の豪雨での地滑りと、杉・ヒノキの里山の崩壊のニュースに私たちの「目がくぎづけ」となり、「大事なものを忘れかけていたのではないか。」と、改めて気づかされるきっかけとなりました。ちょうどその頃、西九州大学短期大学部の津上ゼミ(幼児教育)と、国の公的研究機関である土木研究所の河川生態チーム(共に女性スタッフ中心)との出会いが重なり、「うさぎ追いしかの山 こぶな釣りしかの川…」を解りやすく“絵本”にして、そして“歌”にして、多くの子どもたちや保護者の方々に理解してもらえるような活動を広げ、「今まで関心のなかった人々に、私たちのムーブメントを伝えていこう!」と、そのような機運が盛り上がってきました。ここで、また、私たちの夢に長崎大学教育学部地域教育支援センターの参画も実現しました。

 来年11月(予定)に、「東彼杵グリーンハートホール」にて「森・川・海 緑と水でつなぐワークショップ In 東彼杵」を、これまでの集大成と新たなキックオフとして開催します。子どもたちや学校、保護者や地域の方々を交えた発表会です。よりわかりやすく、オープンに、地域だけでなく、近辺の自治体の方や長崎県単位への呼びかけを考えています。

 やっとここまできた。10年以上を要し、たどり着けました。
 「志を果たして、いつの日にか」
 いつの日にかは、あと5年かな、10年かな。森を健全な森林多様性の里山にし、生物と共生できる川にして、そこに流れ込む大村湾流域の自治体に波長を伝え、地元の閉鎖性海域「宝の海 大村湾」を取り戻す。

 でも、私たちは、その夢を形にするために5年単位で少しずつ、ちゃんとした成果を出してゆく。そうでないと、「宝の海 大村湾」は実現しません。夢は語るものではありません。夢は、ちゃんとしたデザインを描き、形にして、それを積み重ねてこそ大きな形になり、実現します。

東彼杵町公式Facebookより

~ 謝辞 ~

 2017年に実施した「海フェスタ”大村湾”」を通じて、当町で10年以上前から続けてきた「水辺の活動」への地域全体と町内外から関わってくださった皆様の取り組みがさらに発展し、意識の高揚を図ることができましたことを、心から感謝いたします。
 私たちは、「大村湾を豊かな海に戻すこと」を目標に掲げながら、今回の取組みを通じても、どのようにすれば多くの(大村湾を取り巻く長崎県の自治体の)方々に活動を広めていくことができるのかを考え続けてきました。今回の活動が、新たなキックオフのきっかけになったことを、あらためて感謝申し上げます。

2017年11月

東彼杵清流会 顧問 池田健一

ホームページ年間10万PV

 昨年の11月12-13日に、福岡県北九州市の黒崎ひびしんホールで行われた『第16回九州「川」のワークショップin遠賀川』に合わせて私たちはホームページを制作しました。

 目的は私たちの小さな町の活動を広げること。もうひとつの目的は活動をサポートしていただいているスタッフの情報交換やコミュニケーションツールとしての役割です。

 私たちはこの一年、出来る限りホームページを見ていただくため、年間10万PV(ページビュー)を目標とし、活動を公表して「他に問いかける」ことを継続してきました。

 あれからもうすぐ一年が経過します。今トップページのカウンターをのぞくと、いつのまにか10万を少し超えており、目標は達成することができました。

 まだまだアクセス数は小さなものですが、10万回以上の ”問いかけ” が行われた事実は大きな成果と思います。

「彼杵おもしろ河川団」は全国から優秀な研究者が、大切な時間を使って集結しております。
 これからもホームページを通じて、スタッフ間、関連団体、一般の方との距離を縮めるとともに、活動の輪をもっと広げていきたいと思います。

彼杵小学校学校林を訪ねて

県北グリーンクラブ 宮川さんから、「10月14日(土)7時からの、彼杵小学校PTA・学校林整備作業に参加して下さい。」と依頼をされました。

それならばと、10月7日(土)に、筑波大学の白川先生・JRRN和田さん・宮川さん・私の4名で、「彼杵小学校学校林の事前調査に行こう。」ということになり、早朝より目的地を目指しましたが、草は生い茂り、道にも迷ったので、8合目までたどり着くのが精一杯でした。ということで、実は今回は,2度目のチャレンジでした。

10月14日(土)、朝出かけてみると、子どもたち、5・6年生の保護者の方々、地域の方々、教育長、校長先生をはじめとする彼杵小学校の先生方、長崎大学教育学部地域教育総合支援センター呉屋先生、県北グリーンクラブの宮川さんに渡邊さん、そして、私と総勢50名を超す大集団となりました。

私の頭の中には、学校林の間伐材を、どう効率よく運び出し、どういった活用をすればいいのか。また、県北グリーンクラブの間伐作業・運搬作業とどういった連携をすれば、効率が上がるのかというのもあったので、今回初めて現場に出かけてみて、全容が見えてきました。それと同時に、新しい課題も見えてきました。

宮川リーダー率いる県北グリ-ンクラブに、加瀬川教育長・当方の2名が新規加入決定。作業にかかる経費は森林ボランティア団体県北グリーンクラブより支出してもらうようお願いできないものかと考えています。

長崎大学呉屋先生よると、杉・檜の間伐の後に植える雑木は、学校林の生態に則したもの、それは、現在の学校林の杉・檜の間に育っている雑木、それこそが、今の学校林に根付くのではないか、私も、そう思います。

雑木の苗木の種類、そして、その間隔は、公的機関土木研究所の河川生態チーム林業専攻の大寄さんにも、同意していただいています。

以上のシステムが整い、まとまりすぎた人工林から、健全でなんでもかんでもゴチャゴチャ樹木が生えている天然林の「森林多様性モデル」となっていくのではないかと考えています。

モデル実験の成果、第1ステップまで4~5年かかるか、第2ステップまで10年かかるか、わかりませんが、それが確立できると、国も県も、地方自治体も、全国から、「やりましたね、よくぞ!」と拍手喝采をいただけるはずです。「ガンバレ、ガンバレ」とエールも自然とついてきます。どうぞお楽しみに。


PS 宮川さんが、図書館から植物図鑑を借りて、学校林の間に生えている植物の調査に行かれるとのことで、私にも協力要請がありました。10月7日(土)、10月14日(土)に続き、近々3回目の彼杵小学校林に同行していく予定です。

“森・川・海”をテーマにしたワークショップの開催を目指します!

“森・川・海”をテーマにしたワークショップの開催を目指します!
~10月8日の「第6回 水辺からのまちおこし広場」から~

去る10月8日、東彼杵町総合会館の大会議室にて、「第6回 水辺からのまちおこし広場」が行われました。ご参加くださった皆様からは「よかったね。」という感想が多く寄せられました。



その後、10月12日には、地元の寿司屋さんに主要メンバーが集まり反省会を行いました。今後、どのように進め、どのように多くの人々を外部から呼び寄せるのか・・・それがテーマです。

【反省会で挙がった意見・感想】

  • 内容は良かった。これまでは、一部の専門性に偏った論文発表のようであったが、地域を巻き込んだ、解りやすいプレゼンのヒントが出てきた(全員6名)
  • 稲刈りやソフトボール大会、剣道大会などの行事が集中し、来場者が集まらなかった。(藤澤)
  • 内容は良かった。これを外部の多くの人に見せたかった。もったいなかった。(渡邊町長)
  • 発表時間が4分というのは短くて伝わらない。発表時間は皆均等に7分にすべきである。(宮川)
  • 人が集まらないことを、人のせいにしていては何も進まない。全て、地元のかかわった組織、団体の責任者のせいである。(池田)

その中で、誰が言い出したのか、ひとつのアイデアが生まれ、東彼杵町の、また、彼杵おもしろ河川団の今後の展望がさらに広がっていきました。

そのアイデアとは、次回からの「水辺からのまちおこし広場」は、“森・川・海”をテーマにしたワークショップとして開催しようというものでした。
これまで、私たちが参加してきた、お役所主催の九州や全国での「川のワークショップ」から、

  1. もっと自由に!もっとアグレッシブに!
  2. もっと楽しく!もっと解りやすく!
  3. 関心のなかった人でも行ってみたくなる!

このような開かれた「ワークショップ IN 東彼杵」を企画し、そこからまたヒントを投げかけ、ヒントを掴んでゆこう。そんな夢を語り合いました。

そして、これを夢として終わらせず、必ず実現していこうと話し合い、将来は「グリーンハートホール」を会場に開催しようということになりました。ちなみに、「グリーンハートホール」とは、佐世保の「アルカス佐世保」を設計された方の集大成の建造物だそうです。

【新たなワークショップの提案】

  • 「そうだ!アクセス、音響、設備内容は“県下ピカ一”!それを目指そう。」(渡邊町長・池田)
  • 「発表は7分にして、ゆっくりと堂々と伝いたい!」(宮川)
  • 発表時間を7分にして20グループが発表する。その中で、参加者が自分以外のグループに投票しグランプリを決めよう。
    ※ 町内の各グループ、筑波大学の白川ゼミ、西短の津上ゼミ、JRRN、直方水辺館、国交省職員、河川生物コンサルタント(民間)、河川土木コンサルタント(民間)、公的コンサルタント、土木研究所、長崎大学教育学部地域教育総合支援センター、それと、大村や川棚の愛護団体で外部から10組は予定に組めます。
  • 町内、各地域や県内の、できれば子どもたちやその保護者も参加できる内容に解りやすく考えてゆこう。
  • 実行委員長は、筑波大学の白川先生の予定(私の恩師 坂本先生より提案)

最後に今回のグランプリは、地域の寿司屋さんでの反省会参加者全員一致で、西短の津上ゼミでした。

【皆さんからの意見】

  • 彼女らは相当練習しとる。(宮川)
  • 解りやすかった。(藤澤)
  • もっと地域や地域外の子どもたち、保護者を呼べるヒントになった。(渡邊町長)

では、賞品には「赤いカヌーの使用権を差し上げよう!」・・・全員納得。
次年度、5年後、10年後、この企画は大きく化けますよ。お楽しみに!

団長 池田健一

「第6回 水辺からのまちおこし広場」彼杵おもしろ河川団発表

 東そのぎ町 茶子ちゃんねるで「第6回 水辺からのまちおこし広場」彼杵おもしろ河川団の発表について動画が配信されましたので娯楽ください。

「第6回 水辺からのまちおこし広場」速報

「第6回 水辺からのまちおこし広場」が開催され、今年の取り組み結果について報告しました。




 県北グリーンクラブの「どんぐりのポット苗作り」の協力をお願いしたところ、28500円の募金が集まりました。ご協力ありがとうございました。


 



 当日は「彼杵おもしろ河川団」の来期の計画について打ち合わせが行われました。

幼児を対象とした「川遊び」について考える ~夏合宿編2~

<西九州大学短期大学部 幼児保育学科 津上ゼミ 夏合宿レポ⓶>

【2日目】
合宿2日目は残念ながら雨が降り、宿舎のそばを流れる川も水かさが増し、流れも速くなっていました。7月29日に受講した「川の安全講習」では、講師の中島さんから川の危険性についてお話があり増水事故についても教わりましたが、改めて、子どもたちが川で楽しく遊ぶために必要なこと、自分たちの責任というものを考える機会となりました。びっくりするほどの大雨で、彼杵川での活動は行うことができませんでしたが、1日目の活動を振り返りながら整理し、今後の活動内容についてディスカッションを行いました。

‐平成29年度 後期のゼミ活動‐
● アユや他の生き物を題材にした「仕掛け図鑑」の制作。
● 山・川・海をつなぐ絵本の制作。

後期(10月~)も、おもしろ河川団の皆さんに教わったことを生かしながら、幼児期の川遊び・環境教育について考えていきたいと思います。

最後になりましたが、温かいおもてなしをしてくださいました永富様、宿の手配や遊びの指導をしてくださいました池田団長、ご多忙の中駆けつけてくださいました林様、森様、本当にありがとうございました。

幼児を対象とした「川遊び」について考える ~夏合宿編~

<西九州大学短期大学部 津上ゼミ 夏合宿レポ ~1日目~>

8月8日(火)から9日(水)にかけて、東彼杵町での夏合宿を行いました。
― 目的 -
1・川遊びを体験しながら川に潜む危険を知り、安全への理解を深める。
2・子どもたちに自然体験(川遊び)の楽しさや魅力を伝えるため、まずは自分たちが自然体験を楽しむこと。
3・幼児を対象とした「川遊び」について考える。
(必要な配慮点に気づき、実践に生かせるようにすること)

【1日目】
● 宿に到着
聖流庵に到着し、永富さんにご挨拶をしました。早速、「宿のそばを流れる川でスイカを冷やしておいで!」と課題を出され、2名が挑戦!見事に成功!!幼いころ、夏休みに祖父母の家に遊びに行った時のワクワク感を思い出すような、懐かしさと温かさを感じる体験ができました。

● 教材つくり
彼杵川に移動する前、子どもたちとの「川遊び」に用いる教材つくりを行いました。

1つ目は、「ペットボトルいかだ」。大量に集めたペットボトルを組み立て、いかだつくりをしました。どのようにしたら頑丈に作れるのか、試行錯誤。子どもたちの安全面への配慮が何より大切です。

2つ目は「ペットボトル水中めがね」。ペットボトルを切って、切り口を危なくないようにテープで包みます。そこに、サランラップを張り、輪ゴムで止めたら完成!このような簡単に作れるアイテムを子どもたちと一緒に製作することで、「川遊び」を楽しみにできるような雰囲気づくりができるのではないかとの気づきが生まれました。

● 彼杵川での川遊び
製作した教材を使って、彼杵川で実際に「川遊び」を行いました。
*ペットボトルいかだ*
大人1人が乗って浮くことができましたが、大きさや強度などが不十分であり、材料や作り方を再検討する必要があります。また、幼児を対象とした「川遊び」に取り入れるためには、⓵幼児が乗りやすいような工夫(持ち手をつけるなど)、⓶安全に乗れるような工夫(落ちないような設計など)、⓷楽しく乗れるような工夫(装飾を施すなど)が必要であるとの反省点が挙げられ、今後の課題となりました。

*ペットボトル水中めがね*
簡単に製作できるアイテムですが、実際に使ってみると水の中の魚がよく見え、持ちやすくもあり、子どもたちの活動に用いやすいものであることがわかりました。

*彼杵川の環境や生き物*
ゼミ生全員で、川に入り、川沿いを歩き、各エリアの岩や石の状況、植物や生物の様子、水深などを観察しました。それをエリアごとにまとめてみると、幼児が活動しやすいエリアや活動内容を検討する材料として非常に有用であることに気づきました。彼杵川に遊びにきた子どもや親子のための「彼杵川マップ」を作ったら面白いかも!とのアイディアが生まれ、今後の活動につながっていきそうです。

●団員の方々との交流
夕方は、聖流庵の永富さんにお手伝い頂きながら、バーベキューを行いました。シュノーケリングをご指導くださった池田団長や、林さん、森さんも駆けつけてくださり、川の生き物やどじょうの養殖の話を伺うこともできました。お忙しい中、ありがとうございました。

「第6回 水辺からのまちおこし広場」開催のお知らせ

「第6回水辺からのまちおこし広場」が開催されます。 このイベントは、東彼杵町と東彼杵清流会、彼杵おもしろ河川団の共催事業で、日本財団の助成により実現したものです。詳しくは次のチラシをご覧ください。

初めて参加した感想と報告

初めて東彼杵に行き、おもしろ河川団の活動に参加しました。とにかく楽しかった思い出を共有したく、こちらに書かせていただきます。

まず、とにかく川がきれいだという印象が強かったです。しかし、地元の方や河川団の方によれば上流はもっときれいとのこと。川に入って遊ぶ習慣もありませんでしたが、川に入って遡上実験をしているときは子供のころに戻ったように感じました。

私が担当したのは傾斜板を囲っている網の中に魚を捕まえて入れることでした(当日の様子はこちら、詳しくはこちらにあります)。最初は小さな網を使って、川の浅いところで捕まえていました。川の端に生えている草のあたりを突くと、泥に交じって小さな魚が網に入っていました。これほど簡単に魚がとれることがとても楽しく感じました。

しかし、小さな魚ではあまり実験には使えないとのことだったので、途中から大きな網に切り替えました。腰くらいまで深さがある場所で、二人がかりで行いました。要領は小さな網のときとほぼ同じで、スケールアップしただけでした。一人が草の根元あたりに網を付けておき、もう一人が足で草の根のあたりを蹴って泥で水が濁る状態にします。そうすると魚の視界が悪くなり、間違って網の中に入ってしまうのだとか。「いやいや、それで捕まるほど魚の頭は悪くない」と半信半疑でしたが、実際にやってみると捕まるものですね。小さな網よりも大きな魚がとれること、単に草の根元を蹴ることさえも楽しくなって何度も繰り返していました。

そろそろ取れなくなってきたと思っていたころに(本当は下流から上流に向かってやるのがいいそうですが、初心者の私たちは上流から下流へ)、ウナギを捕まえました。天然のウナギが存在することにまず驚き、それを捕まえられたことにも驚きました。これが傾斜板を上ったら確実に見えるだろうとのことだったので、実験にも貢献できたようでした。

魚を捕まえる部分はとにかく楽しくて、おもしろ河川団のみなさんがとてもいい活動をしていると感じました。楽しい部分を担当させてくださり、ありがとうございました。

(筑波大学白川研究室 岸田まりな)