“森・川・海”をテーマにしたワークショップの開催を目指します!

“森・川・海”をテーマにしたワークショップの開催を目指します!
~10月8日の「第6回 水辺からのまちおこし広場」から~

去る10月8日、東彼杵町総合会館の大会議室にて、「第6回 水辺からのまちおこし広場」が行われました。ご参加くださった皆様からは「よかったね。」という感想が多く寄せられました。



その後、10月12日には、地元の寿司屋さんに主要メンバーが集まり反省会を行いました。今後、どのように進め、どのように多くの人々を外部から呼び寄せるのか・・・それがテーマです。

【反省会で挙がった意見・感想】

  • 内容は良かった。これまでは、一部の専門性に偏った論文発表のようであったが、地域を巻き込んだ、解りやすいプレゼンのヒントが出てきた(全員6名)
  • 稲刈りやソフトボール大会、剣道大会などの行事が集中し、来場者が集まらなかった。(藤澤)
  • 内容は良かった。これを外部の多くの人に見せたかった。もったいなかった。(渡邊町長)
  • 発表時間が4分というのは短くて伝わらない。発表時間は皆均等に7分にすべきである。(宮川)
  • 人が集まらないことを、人のせいにしていては何も進まない。全て、地元のかかわった組織、団体の責任者のせいである。(池田)

その中で、誰が言い出したのか、ひとつのアイデアが生まれ、東彼杵町の、また、彼杵おもしろ河川団の今後の展望がさらに広がっていきました。

そのアイデアとは、次回からの「水辺からのまちおこし広場」は、“森・川・海”をテーマにしたワークショップとして開催しようというものでした。
これまで、私たちが参加してきた、お役所主催の九州や全国での「川のワークショップ」から、

  1. もっと自由に!もっとアグレッシブに!
  2. もっと楽しく!もっと解りやすく!
  3. 関心のなかった人でも行ってみたくなる!

このような開かれた「ワークショップ IN 東彼杵」を企画し、そこからまたヒントを投げかけ、ヒントを掴んでゆこう。そんな夢を語り合いました。

そして、これを夢として終わらせず、必ず実現していこうと話し合い、将来は「グリーンハートホール」を会場に開催しようということになりました。ちなみに、「グリーンハートホール」とは、佐世保の「アルカス佐世保」を設計された方の集大成の建造物だそうです。

【新たなワークショップの提案】

  • 「そうだ!アクセス、音響、設備内容は“県下ピカ一”!それを目指そう。」(渡邊町長・池田)
  • 「発表は7分にして、ゆっくりと堂々と伝いたい!」(宮川)
  • 発表時間を7分にして20グループが発表する。その中で、参加者が自分以外のグループに投票しグランプリを決めよう。
    ※ 町内の各グループ、筑波大学の白川ゼミ、西短の津上ゼミ、JRRN、直方水辺館、国交省職員、河川生物コンサルタント(民間)、河川土木コンサルタント(民間)、公的コンサルタント、土木研究所、長崎大学教育学部地域教育総合支援センター、それと、大村や川棚の愛護団体で外部から10組は予定に組めます。
  • 町内、各地域や県内の、できれば子どもたちやその保護者も参加できる内容に解りやすく考えてゆこう。
  • 審査委員長は、筑波大学の白川先生の予定(私の恩師 坂本先生より提案)

最後に今回のグランプリは、地域の寿司屋さんでの反省会参加者全員一致で、西短の津上ゼミでした。

【皆さんからの意見】

  • 彼女らは相当練習しとる。(宮川)
  • 解りやすかった。(藤澤)
  • もっと地域や地域外の子どもたち、保護者を呼べるヒントになった。(渡邊町長)

では、賞品には「赤いカヌーの使用権を差し上げよう!」・・・全員納得。
次年度、5年後、10年後、この企画は大きく化けますよ。お楽しみに!

団長 池田健一

「第6回 水辺からのまちおこし広場」彼杵おもしろ河川団発表

 東そのぎ町 茶子ちゃんねるで「第6回 水辺からのまちおこし広場」彼杵おもしろ河川団の発表について動画が配信されましたので娯楽ください。

「第6回 水辺からのまちおこし広場」速報

「第6回 水辺からのまちおこし広場」が開催され、今年の取り組み結果について報告しました。




 県北グリーンクラブの「どんぐりのポット苗作り」の協力をお願いしたところ、28500円の募金が集まりました。ご協力ありがとうございました。


 



 当日は「彼杵おもしろ河川団」の来期の計画について打ち合わせが行われました。

「第6回 水辺からのまちおこし広場」開催のお知らせ

「第6回水辺からのまちおこし広場」が開催されます。 このイベントは、東彼杵町と東彼杵清流会、彼杵おもしろ河川団の共催事業で、日本財団の助成により実現したものです。詳しくは次のチラシをご覧ください。

第6回 水辺からのまちおこし広場について

日時:2017年10月8日(日)13:00~14:00

場所:総合会館大会議室

テーマ:「~海と日本のPROJECT~みんなでつなぐ大村湾『里山、川、海の生き物でつなぐ大村湾』」
    「第6回 水辺からのまちおこし広場」日本財団の「海フェスタ大村湾」の補助事業

「水辺からのまちおこし広場」での目的は、日本財団の企画に沿って、「自然を守る」「環境を守る」「水を守る」「伝統を守る」そんな町内の活動をされている多くの方々の、発表の場として拡大していこう、それが主旨ですが、もっとそれを拡大して、当町の開かれた行政をできるだけオープンにする、町内の方々への「地域ボランティアへの理解促進」「議員さんのアピール」それを皆さん衆視の元でのプレゼンテーション、そんな将来への布石にしていただけたら、そういう願いも私たちは持っています。

 今の時代は、確かに開かれた行政、世論もマスメディアもそれを訴求し続けています。「オープンプレゼンテーション」それは、ひとつの高い壁ですが、私たちは、その壁を破れる、小さな力になっていけたらと考えています。

  1. 衆視のもとでのプレゼンテーション、その時にそこに集う参加者は、プレゼン対象者に向けてその時に意見を述べる。
  2. 後では、彼らを見守り、対面の元で修正案を提示する。
  3. 密室で、同じ見識の人で批判をまとめない。

そうする事が、この町の、健全で建設的な町政の第一ステップに、そう私たちは考えて、第6回「水辺からのまちおこし広場」を当町、まちづくり課、彼杵おもしろ河川団のみなさま方と、これまで討議、議論を重ねて今回の開催にあいなりました。何卒、多くのご来場をお待ちしております。

池田健一

「~海と日本のPROJECT~みんなでつなぐ大村湾『里山、川、海の生き物でつなぐ大村湾』」

 2017年10月8日(日)1時から4時の時間に、総合会館大会議室において、「~海と日本のPROJECT~みんなでつなぐ大村湾『里山、川、海の生き物でつなぐ大村湾』」及び、第6回「水辺からのまちおこし広場」が開かれます。今回は、日本財団の「海フェスタ大村湾」の補助事業によるイベントになります。この「水辺からのまちおこし広場」はどこでどのようにして現在に至ったのかを述べさせていただきます。

 きっかけは4年前の、東京代々木で開かれた「いい川、いい川づくりワークショップ」の参加を筑波大学の学生だった坂本君から打診されたのがスタートです。

 最初でしたので、「坂本君、それ、グランプリ取ったら懸賞金が出るのか」といつも年を重ねるごとに根拠のない自信になぜか陥る私の発言。「その時にお金は出ませんけど、出場すれば何かを得られる」と彼の答え。
 何かを得られるのであればとの思いで、東彼杵町役場に出向き、渡邉町長、まちづくり課 松山課長に、行ってもらないかと依頼しました。

 東京まで2泊3日、「こればグランプリを取らねば示しがつかない。」と、3組がエントリー。「県北グリーンクラブ」、「東彼杵清流会」、「まちづくり課」、タッグを組み、グランプリ獲得大作戦を必死で展開しました。
 この時は、私のパートナー国交省職員、中島氏と民間のコンサル会社から2日間通しての強力なバックアップもありましたが、ところが、1回目の予選で3組とも落選。これでは帰れない。地元に、そしてお世話になった方々に申し訳ない。そう思うと、がっくり。でも敗者復活戦で、63組中、4番目の票を集めました。まあいいかと思いましたが、その後で、大きな副産物が出現してきます。


(第6回いい川・いい川づくりワークショップでの発表・・東彼杵の水辺の活動を発信)

いい川・いい川づくりワークショップ実行委員会らの総評

私達3組で助け合い、必死でグランプリを目指す、その熱い姿を見られて、筑波大学「人と川ゼミ」、日本河川流域再生ネットワーク「JRRN」との基盤が出来ました。(この基盤は後で大きなネットワークへと発展しました。)そして、ここから東彼杵町の受託研究がスタートし、それが第6回、今回の「水辺からのまちおこし広場」の4年目にかかるムーブメントに続いています。


(彼杵おもしろ河川団夏合宿)


(秋調査)


(第1回水辺からのまちおこし広場)

彼杵おもしろ河川団 池田 健一

海と日本プロジェクト

 「海と日本プロジェクト」に参加し、”海の遊びでつなぐ大村湾” ”歌でつなぐ大村湾” ”里山、川、海の生き物でつなぐ大村湾” をテーマに豊かな大村湾を紹介します。

日本財団 海と日本プロジェクト2016

第5回 水辺からのまちおこし広場

 平成27年度「水辺からのまちおこし広場」が彼杵町総合会館で開催されました。
 このイベントは、彼杵おもしろ河川団が主催し、東彼杵町と東彼杵清流会、県北グリーンクラブの共催事業で、長崎県県北振興局河川課の後援をいただき実現したものです。

第5回水辺からのまちおこし広場

第4回 水辺からのまちおこし広場

 平成26年度水辺からのまちおこし広場が開催されました。 このイベントは、東彼杵町と東彼杵清流会、彼杵おもしろ河川団の共催事業で、JRRNの協力をいただき実現したものです。

地域社会とのつながり

 10年前のスタート時は、「町の活性化」は考えていませんでした。
 ただただ、「戻ってきたアユを上流まで登らせてあげたい」。
 それを続けるうちに、その熱いその想いをまじめに追いかけると、自然に発生してきたのが「町の活性化」でした。いつの時代も「主産物を追いかけると副産物」がついてくる。それは、その後に大きく広がりを見せることになりました。

 きっかけは7年前に、20年ぶりに町の小さな2級河川にアユがもどってきた。それが新聞、テレビで大きく取り上げられ、多くの人が町外から押し寄せました。「投げ網」「刺し網」、甚だしいのは「車のバッテリー」。これでは消滅してしまう。
 私たちははじめに「漁業権の設定」をすることで動きだしました。
 しかし、「こんな小さな川で誰が管理するのか」「その収支は成立するのか」と悩み続け、いろんなスペシャリストの方々に相談し、行き着いたのが「環境保護区」として守ることでした。

彼杵町役場との会議

彼杵町役場との会議

 その後、彼杵町に3年がかりで6ヶ所の看板行事を設置していただきました。そこから「彼杵のかっぱ公園川まつり」「しじみ、どじょうの増殖」「筑波大学の受託研究」等、行政の尽力により、思わぬ方へ展開していきました。それが自然と町の活性化、まちづくりへと結びついたのです。

 「なぜそうなったか」、答えは、川は県の河川課、町の土木課、町民課環境衛生係、大学などの研究機関、コンサルタント、地元自治会、その周辺に住まれる町民の方、いろんな方の総合力です。川の先住民やアユを守ろうとしたら、自然と多くの方々とつながっていきます。 アユを守る事の産物は、「副産物」として「水辺からのまちおこし」へ大きく広がり、流れています。