“森・川・海”をテーマにしたワークショップの開催を目指します!

“森・川・海”をテーマにしたワークショップの開催を目指します!
~10月8日の「第6回 水辺からのまちおこし広場」から~

去る10月8日、東彼杵町総合会館の大会議室にて、「第6回 水辺からのまちおこし広場」が行われました。ご参加くださった皆様からは「よかったね。」という感想が多く寄せられました。



その後、10月12日には、地元の寿司屋さんに主要メンバーが集まり反省会を行いました。今後、どのように進め、どのように多くの人々を外部から呼び寄せるのか・・・それがテーマです。

【反省会で挙がった意見・感想】

  • 内容は良かった。これまでは、一部の専門性に偏った論文発表のようであったが、地域を巻き込んだ、解りやすいプレゼンのヒントが出てきた(全員6名)
  • 稲刈りやソフトボール大会、剣道大会などの行事が集中し、来場者が集まらなかった。(藤澤)
  • 内容は良かった。これを外部の多くの人に見せたかった。もったいなかった。(渡邊町長)
  • 発表時間が4分というのは短くて伝わらない。発表時間は皆均等に7分にすべきである。(宮川)
  • 人が集まらないことを、人のせいにしていては何も進まない。全て、地元のかかわった組織、団体の責任者のせいである。(池田)

その中で、誰が言い出したのか、ひとつのアイデアが生まれ、東彼杵町の、また、彼杵おもしろ河川団の今後の展望がさらに広がっていきました。

そのアイデアとは、次回からの「水辺からのまちおこし広場」は、“森・川・海”をテーマにしたワークショップとして開催しようというものでした。
これまで、私たちが参加してきた、お役所主催の九州や全国での「川のワークショップ」から、

  1. もっと自由に!もっとアグレッシブに!
  2. もっと楽しく!もっと解りやすく!
  3. 関心のなかった人でも行ってみたくなる!

このような開かれた「ワークショップ IN 東彼杵」を企画し、そこからまたヒントを投げかけ、ヒントを掴んでゆこう。そんな夢を語り合いました。

そして、これを夢として終わらせず、必ず実現していこうと話し合い、将来は「グリーンハートホール」を会場に開催しようということになりました。ちなみに、「グリーンハートホール」とは、佐世保の「アルカス佐世保」を設計された方の集大成の建造物だそうです。

【新たなワークショップの提案】

  • 「そうだ!アクセス、音響、設備内容は“県下ピカ一”!それを目指そう。」(渡邊町長・池田)
  • 「発表は7分にして、ゆっくりと堂々と伝いたい!」(宮川)
  • 発表時間を7分にして20グループが発表する。その中で、参加者が自分以外のグループに投票しグランプリを決めよう。
    ※ 町内の各グループ、筑波大学の白川ゼミ、西短の津上ゼミ、JRRN、直方水辺館、国交省職員、河川生物コンサルタント(民間)、河川土木コンサルタント(民間)、公的コンサルタント、土木研究所、長崎大学教育学部地域教育総合支援センター、それと、大村や川棚の愛護団体で外部から10組は予定に組めます。
  • 町内、各地域や県内の、できれば子どもたちやその保護者も参加できる内容に解りやすく考えてゆこう。
  • 審査委員長は、筑波大学の白川先生の予定(私の恩師 坂本先生より提案)

最後に今回のグランプリは、地域の寿司屋さんでの反省会参加者全員一致で、西短の津上ゼミでした。

【皆さんからの意見】

  • 彼女らは相当練習しとる。(宮川)
  • 解りやすかった。(藤澤)
  • もっと地域や地域外の子どもたち、保護者を呼べるヒントになった。(渡邊町長)

では、賞品には「赤いカヌーの使用権を差し上げよう!」・・・全員納得。
次年度、5年後、10年後、この企画は大きく化けますよ。お楽しみに!

団長 池田健一

「第6回 水辺からのまちおこし広場」彼杵おもしろ河川団発表

 東そのぎ町 茶子ちゃんねるで「第6回 水辺からのまちおこし広場」彼杵おもしろ河川団の発表について動画が配信されましたので娯楽ください。

「第6回 水辺からのまちおこし広場」速報

「第6回 水辺からのまちおこし広場」が開催され、今年の取り組み結果について報告しました。




 県北グリーンクラブの「どんぐりのポット苗作り」の協力をお願いしたところ、28500円の募金が集まりました。ご協力ありがとうございました。


 



 当日は「彼杵おもしろ河川団」の来期の計画について打ち合わせが行われました。

「第6回 水辺からのまちおこし広場」開催のお知らせ

「第6回水辺からのまちおこし広場」が開催されます。 このイベントは、東彼杵町と東彼杵清流会、彼杵おもしろ河川団の共催事業で、日本財団の助成により実現したものです。詳しくは次のチラシをご覧ください。

第6回 水辺からのまちおこし広場について

日時:2017年10月8日(日)13:00~14:00

場所:総合会館大会議室

テーマ:「~海と日本のPROJECT~みんなでつなぐ大村湾『里山、川、海の生き物でつなぐ大村湾』」
    「第6回 水辺からのまちおこし広場」日本財団の「海フェスタ大村湾」の補助事業

「水辺からのまちおこし広場」での目的は、日本財団の企画に沿って、「自然を守る」「環境を守る」「水を守る」「伝統を守る」そんな町内の活動をされている多くの方々の、発表の場として拡大していこう、それが主旨ですが、もっとそれを拡大して、当町の開かれた行政をできるだけオープンにする、町内の方々への「地域ボランティアへの理解促進」「議員さんのアピール」それを皆さん衆視の元でのプレゼンテーション、そんな将来への布石にしていただけたら、そういう願いも私たちは持っています。

 今の時代は、確かに開かれた行政、世論もマスメディアもそれを訴求し続けています。「オープンプレゼンテーション」それは、ひとつの高い壁ですが、私たちは、その壁を破れる、小さな力になっていけたらと考えています。

  1. 衆視のもとでのプレゼンテーション、その時にそこに集う参加者は、プレゼン対象者に向けてその時に意見を述べる。
  2. 後では、彼らを見守り、対面の元で修正案を提示する。
  3. 密室で、同じ見識の人で批判をまとめない。

そうする事が、この町の、健全で建設的な町政の第一ステップに、そう私たちは考えて、第6回「水辺からのまちおこし広場」を当町、まちづくり課、彼杵おもしろ河川団のみなさま方と、これまで討議、議論を重ねて今回の開催にあいなりました。何卒、多くのご来場をお待ちしております。

池田健一

第10回 いい川いい川づくりワークショップ

 第10回いい川いい川づくりワークショップ(主催:いい川いい川づくり実行委員会)が 9/9~10 福岡大学で開催されました。
 彼杵おもしろ河川団は「川・生き物・人と同じ高さの目線でムーブベント」をテーマとして、西九州大学短期大学部の学生と河川団のメンバーが参加し、津上ゼミが作成中の紙芝居のストーリーを寸劇で紹介しました。

彼杵おもしろ河川団の発表



 あと1票及ばず上位入選を逃しましたが、来年は念願の紙芝居が完成予定ですので次は上位を狙って頑張ります。

 発表内容はあらためてご紹介いたします。

第10回いい川いい川づくりワークショップ 参加スタッフ

第10回いい川・いい川づくりワークショップ

 このイベントは、“いい川”とは何だろう」-「川の日」ワークショップは、それを問いかけ、自由で柔らかにその答えを探っていくための公開選考会という方式のワークショップです。彼杵おもしろ河川団は2回目の出場となります。

日時:2017年 9月9日(土)・10日(日)
   9/9(土): 11:00開会 ~18:15
   9/10(日): 9:00~15:30       

会場: 福岡大学
   福岡市城南区七隈八丁目19-1(地下鉄七隈線「福大前」駅 下車)

http://www.mizukan.or.jp/kawanohi/kawanohi.htm


「川・生き物・人と同じ高さの目線でムーブベント!」彼杵おもしろ河川団

 地元福岡県で開催されるこのイベントには、西九州大学短期大学部の津上ゼミのメンバーが発表いたします。


「~海と日本のPROJECT~みんなでつなぐ大村湾『里山、川、海の生き物でつなぐ大村湾』」

 2017年10月8日(日)1時から4時の時間に、総合会館大会議室において、「~海と日本のPROJECT~みんなでつなぐ大村湾『里山、川、海の生き物でつなぐ大村湾』」及び、第6回「水辺からのまちおこし広場」が開かれます。今回は、日本財団の「海フェスタ大村湾」の補助事業によるイベントになります。この「水辺からのまちおこし広場」はどこでどのようにして現在に至ったのかを述べさせていただきます。

 きっかけは4年前の、東京代々木で開かれた「いい川、いい川づくりワークショップ」の参加を筑波大学の学生だった坂本君から打診されたのがスタートです。

 最初でしたので、「坂本君、それ、グランプリ取ったら懸賞金が出るのか」といつも年を重ねるごとに根拠のない自信になぜか陥る私の発言。「その時にお金は出ませんけど、出場すれば何かを得られる」と彼の答え。
 何かを得られるのであればとの思いで、東彼杵町役場に出向き、渡邉町長、まちづくり課 松山課長に、行ってもらないかと依頼しました。

 東京まで2泊3日、「こればグランプリを取らねば示しがつかない。」と、3組がエントリー。「県北グリーンクラブ」、「東彼杵清流会」、「まちづくり課」、タッグを組み、グランプリ獲得大作戦を必死で展開しました。
 この時は、私のパートナー国交省職員、中島氏と民間のコンサル会社から2日間通しての強力なバックアップもありましたが、ところが、1回目の予選で3組とも落選。これでは帰れない。地元に、そしてお世話になった方々に申し訳ない。そう思うと、がっくり。でも敗者復活戦で、63組中、4番目の票を集めました。まあいいかと思いましたが、その後で、大きな副産物が出現してきます。


(第6回いい川・いい川づくりワークショップでの発表・・東彼杵の水辺の活動を発信)

いい川・いい川づくりワークショップ実行委員会らの総評

私達3組で助け合い、必死でグランプリを目指す、その熱い姿を見られて、筑波大学「人と川ゼミ」、日本河川流域再生ネットワーク「JRRN」との基盤が出来ました。(この基盤は後で大きなネットワークへと発展しました。)そして、ここから東彼杵町の受託研究がスタートし、それが第6回、今回の「水辺からのまちおこし広場」の4年目にかかるムーブメントに続いています。


(彼杵おもしろ河川団夏合宿)


(秋調査)


(第1回水辺からのまちおこし広場)

彼杵おもしろ河川団 池田 健一

第4回グッドライフアワード

 グッドライフアワードとは、環境省が環境に優しい社会の実現を目指し、日本各地で実践されている「環境と射会によい暮らし」に関わる活動や取り組みを募集して紹介、表彰し、活動や社会を活性化するための情報交換などを支援していくプロジェクトです。

 彼杵おもしろ河川団は第4回グッドライフアワードにエントリーしました。

グッドライフアワードのページ

「初めまして、筑波大学の金子です」

初めまして、筑波大学修士2年の金子です。筑波大学白川研究室は「彼杵おもしろ河川団」の皆さんの活動に協力し、また東彼杵の水辺を活かしたまちづくりへの提案を行っています。池田さんからバトンを頂きましたので一筆したためたいと思います。

先日行われた九州「川」のワークショップin遠賀川に、白川研究室の一員として参加してきました。ステージ発表では九州各地(とつくば)から集まった 48 の団体が、3分の持ち時間で日頃の活動・事業について発表しました。当研究室は私達はトップバッターの重役を担い、九州内外で行っている以下の活動について発表しました。

① 研究紹介

・・・研究室の研究内容(現地観測、環境流量グローバルモデル、渇水経済評価、河川市民団体)

② 東彼杵プロジェクト

発表内容:町民の方々に対して行った水辺との関わり方についての調査と、アユ・ドジョウ・シジミによる地域活性化の取り組みについて

③ 遠賀堀川プロジェクト

・・・福岡県遠賀川水系の人工河川である遠賀堀川を、学生の視点で再生する取り組み

発表内容:堀川の歴史的価値を守るべく雨水を利用して水を流す構想について

④ 常総水害対策チーム

・・・鬼怒川氾濫水害(昨年 9月に茨城県・栃木県で発生)時に行った被災状況の調査・ ボランティア活動について

⑤ 水辺で乾杯 in 天の川

・・・国交省が企画する「水辺で乾杯」を、大学構内を流れる人工河川(通称:天の川)で行う取り組み

魚の名前を音楽に乗せて歌う団体や方言を織り交ぜた漫才を披露する団体があるなど、発表の仕方は様々でした。ステージ発表を通して、九州は川に関する活動が盛んであるということを肌で感じることができました。

 

14992010_415126861944656_1052513161658848062_n

※写真は「九州「川」のワークショップin遠賀川」実行委員会Facebookページから引用