ドジョウ繁殖実験場池での活動報告

平成 29 年 5月 19日 
八反田自治会愛護団体 林 博義 
彼杵おもしろ河川団  荒巻 陽介

1. 日時2017年5月13日(土曜日)天候 晴れ

2. 場所:八反田

3. 目的:ドジョウ繁殖実験場池の整備、及びドジョウの生育状況調査と稚魚の放流

4. 参加者:合計18人

  • 八反田愛護団体委員 富永通治氏
  • 西九州短期大学 津上教授親子(女児)
  • 津上ゼミ生徒諸君 男性1名 女性6名
  • 日本河川流域ネットワーク 和田氏
  • おもしろ河川団会員 中島氏親子(国交省事務所課長)坂本先生、池田氏
  • 国立研究開発法人 自然共生研究センター専門研究員 坂本氏
  • 公益財団法人 日本釣振興会 五十嵐氏
  • 江上小学校校長 横尾先生 
  • 地元町議 吉永氏
    他多数の参加を得て実験池の中に入り整備を実施した。

5. 経過と問題点

  • 昨年(H28) 4月20日ドジョウ稚魚(約2cm)2,500匹を放流した。
  • 今回回収したドジョウの数16匹 体長16cm内外。
  • 飼育中に死んだ数36匹。
  • まだ土の中に潜り込んで回収できない数 推定200匹前後いる可能性がある。
  • 多くは壁を乗り越え、又は亀裂した隙間や排水口より逃げたものと思われる。

6. 対策整備内容

  • 外壁に60cmの鉄板(町より譲り受け)を立て、ドジョウの飛び出し防止対策をした。
  • 池の中央寄りを若干掘り下げ水の溜り場とし、排水用パイプL字型50mmを埋設した。
  • パイプ入り口と出口には網の蓋を設けドジョウの逃げ出し防止対策とした。



7.  概要

 津上ゼミ生徒さん全員ズボンをまくり上げ、池のドジョウ捕獲回収に奮闘しました。
ミノやタブにて捕獲したら、ワイワイ、キャーキャーの大騒ぎ、大変楽しかったです。
 また、津上先生の子どもさん(小3菜乃巴ちゃん)も一緒になってどろんこ遊びしたり、ドジョウを素手で掴んだりの貴重な体験の一コマでした。(誰でもが泥まみれ)
 整備終了後、注文先から届いたドジョウの稚魚500匹を放流し解散しました。皆さん、ドジョウを通じ新しい方とお知り合いになれました。本当に楽しかったです。ありがとうございました。

津上ゼミの皆さんお疲れさまでした。

 

ドジョウ料理の開発

平成29年5月15日
ドジョウ料理開発担当
中島、荒巻、坂本、J君

ドジョウの繁殖実験池での活動

報告/5月13日実験池のドジョウ飛び出し防止策のつづき(回収ドジョウのその後)

 実験池のドジョウ飛び出し防止策のつづきです。昨年放流し、16㎝前後に成長したドジョウについて報告します。


 ドジョウの今後の取り組みの一つとして、彼杵ドジョウのブランド化を目指しており、ドジョウの料理の開発も行っていきたいと考えています。

 今回、回収した16㎝前後のドジョウを自宅に持ち帰り、今後のブランド化のための犠牲になって頂きました。

・調理担当は、
①おもしろ河川団入団希望者で、
②魚釣りと料理(作る、食べる)と川とが大好きで、
③澤部(ハライチ)にちょい似の
④高校1年生「J君」16才です。
・今回初めてのドジョウ料理という事で、オーソドックスな天ぷらと蒲焼きに挑戦です。

 


☆☆☆ ここからは、調理担当の「J君」のコメント ☆☆☆

まずは、天ぷら!

◇色合いが微妙なため、オレンジを置いてみた??

◇味は、鶏皮を食べているみたいで美味しい!



続いて、蒲焼き!

◇ご飯とあわせるのは普通なので、パンとあわせてドジョウサンドにしてみた。

◇味は、レタスのシャキシャキとドジョウのふわふわな身が合って美味しい。

◇両方とも臭みは無かった。(水槽に1日入れて泥抜き)



☆☆☆ Jコメ ここまで ☆☆☆


J君

  • 今後は、養殖実験池で大きく育ったドジョウを林さんに分けていただきながら、東彼杵ブランドとして、皆さんが食べたくなるドジョウ料理の開発も進めます。(彼杵茶とのコラボ料理など)
  • 将来、「道の駅彼杵の荘」でドジョウ料理が出品されるまで、頑張れJ君!
  • 実験池のドジョウ飛び出し防止策の効果で沢山のドジョウが大きく元気に育ちますように。

ドジョウ養殖 今後の展望について

平成 29 年 1 月 21 日 修正版 
林 博義・森 稔・荒巻 陽介

1.背景と概要

・私たちの団体は、「東彼杵町を元気にしよう‼」を合言葉に 4 年前に設立しました。これまで、地 域(長崎県東彼杵郡東彼杵町八反田郷地区)を流れる「千綿川」を中心に、自然環境の保全・地域 おこし等に関する活動を行ってきました。
・昨年(平成 28 年)からは、自然環境の保全・地域創成・防災の観点から、「休耕田を活用したド ジョウ養殖の活動」を開始しています。
・昨年は、水田内でドジョウを大きく育てることに成功しました。

2.昨年(平成 28 年)のとりくみの内容

・平成 28 年 4 月から、自宅近くの休耕田を活用して、試験的にドジョウの養殖を開始しました。
・今回は、種苗(ドジョウの赤ちゃん)2,500 匹を購入し、大きく育てることを目標としました。
・ドジョウは、養殖開始後約半年で、大人のサイズまで成長させることに成功しました。


3.課題と今後のとりくみ(展望)

・昨年のとりくみでは、ドジョウを大きくすることに成功しましたが課題もみえてきました。今後は、 以下の項目にとりくみたいと考えています。

今後のとりくみ①  ドジョウの逃亡防止対策の実施
・昨年は休耕田で養殖していたドジョウの多くが逃亡してしまいました。
・今年は、これをふまえ、「周囲(畔)への波板の設置」、「排水口の改良」といったドジョウ逃亡防 止対策を講じる予定です。

 今後のとりくみ② ドジョウの完全養殖・展開
・昨年は、種苗(ドジョウの赤ちゃん)を購入して育てましたが、私たちのとりくみの目的のひとつは「自然環境の保全」です。
・近年全国的にみても減少傾向にあるドジョウをはじめ、氾濫原性の生物(フナやナマズなど)について、休耕田内で繁殖(産卵⇒成長⇒産卵)させることを目標にとりくみたいと考えています。
・また、現在は1か所の休耕田での試験的なとりくみですが、さらに大村湾沿岸の休耕田にも、本活動を展開していきたいと考えています。なお今後も、とりくみの成果・ノウハウについては“彼杵おもしろ河川団ホームページ”で随時公開していきます。

今後のとりくみ③ 彼杵ドジョウの地域ブランド化
・将来的には、彼杵ブランドとして認知度が高い「彼杵茶」のドジョウ飼育への活用、ドジョウ料理の開発などを行い、休耕田で飼育したドジョウをブランド化(彼杵ドジョウのブランド化)したいと考えています。
・また本活動をとおして彼杵地域自体の活性化(彼杵地域のブランド化)にもつながるような展開を思案中です。

 

休耕田を活用したドジョウ養殖の取り組み

160818_01 ドジョウの養殖は、商品として販売することも選択のひとつですが、今使われていない棚田(休耕田)に水を張り、そこに野鳥が飛び交い、ホタルが舞い、トンボが青空を滑空する、本来の棚田の風景を取り戻すのも目標のひとつです。また、ドジョウの住める棚田は水源涵養(流れる水を溜め込み、しみこませ、自然に放水すること)の機能も果たします。



美味しく(あっ!違った) 大きく 元気に育ってね!・今後は、養殖実験池で大きく育ったドジョウを林さんに分けていただきながら、東彼杵ブランドとして、皆さんが食べたくなるドジョウ料理の開発も進めます。(彼杵茶とのコラボ料理など)

・将来、「道の駅彼杵の荘」でドジョウ料理が出品されるまで、頑張れJ君!

・実験池のドジョウ飛び出し防止策の効果で沢山のドジョウが大きく元気に育ちますように!