第6回 水辺からのまちおこし広場について

日時:2017年10月8日(日)13:00~14:00

場所:総合会館大会議室

テーマ:「~海と日本のPROJECT~みんなでつなぐ大村湾『里山、川、海の生き物でつなぐ大村湾』」
    「第6回 水辺からのまちおこし広場」日本財団の「海フェスタ大村湾」の補助事業

「水辺からのまちおこし広場」での目的は、日本財団の企画に沿って、「自然を守る」「環境を守る」「水を守る」「伝統を守る」そんな町内の活動をされている多くの方々の、発表の場として拡大していこう、それが主旨ですが、もっとそれを拡大して、当町の開かれた行政をできるだけオープンにする、町内の方々への「地域ボランティアへの理解促進」「議員さんのアピール」それを皆さん衆視の元でのプレゼンテーション、そんな将来への布石にしていただけたら、そういう願いも私たちは持っています。

 今の時代は、確かに開かれた行政、世論もマスメディアもそれを訴求し続けています。「オープンプレゼンテーション」それは、ひとつの高い壁ですが、私たちは、その壁を破れる、小さな力になっていけたらと考えています。

  1. 衆視のもとでのプレゼンテーション、その時にそこに集う参加者は、プレゼン対象者に向けてその時に意見を述べる。
  2. 後では、彼らを見守り、対面の元で修正案を提示する。
  3. 密室で、同じ見識の人で批判をまとめない。

そうする事が、この町の、健全で建設的な町政の第一ステップに、そう私たちは考えて、第6回「水辺からのまちおこし広場」を当町、まちづくり課、彼杵おもしろ河川団のみなさま方と、これまで討議、議論を重ねて今回の開催にあいなりました。何卒、多くのご来場をお待ちしております。

池田健一

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA