幼児期の自然体験~「わくわく どきどき ちびっこ川の探検団」

 西九州大学短期大学部の津上ゼミのグループが「彼杵おもしろ河川団」の協力のもと自然の体験学習を行いました。

  • 日時:平成29年7月29日(土) 10:00~16:00
  • 場所:彼杵川河川公園、その他(シュノーケリングについては、当日検討)
  • 参加者:西九州大学短期大学部 幼児保育学科 津上ゼミ学生17名(男子2名、女子15名)教員1名
  • 指導者:池田健一 氏(彼杵おもしろ河川団 代表)
        中島忠 氏(国土交通省 九州地方整備局 遠賀川河川事務所)
        五十嵐克也 氏(公益財団法人 日本釣振興会)
  • 協力者:荒巻 陽介 氏(河川生物コンサルティング)
        中島 惇 氏(彼杵おもしろ河川団生き物調理担当)

9:30
<彼杵川集合>
彼杵おもしろ河川団、彼杵町町議会議員の後城氏と立山氏も参加されました。


10:00~
<川の安全講習会>
中島事務局長が川の安全教育と救助方法を説明。国交省の河川事務所の仕事をされておられ説得力があります。

 アイスブレーキングを行いコミュニケーションアップを行なった後に救命ローブ投入の訓練。

 その後救命胴衣を着用し川に入り泳ぎの体験を行いました。

13:00~
<シュノーケリング>
池田団長が担当。厳しい訓練が行われました。荒巻氏が安全のため、福岡から参加されました。

13:00
<釣り>
日本釣振興会長崎県支部の五十嵐氏から釣りの講習が行われました。オイカワが釣れました。

 猛暑の中の体験学習でしたが、参加の皆様は貴重な体験ができました。
スタッフの皆様お疲れさまでした。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA