彼杵式鮎傾斜板遡上実験

 長崎県の彼杵川で彼杵式鮎傾斜版の遡上実験が行われました。

1. 日時

  • 2017年5月13日(土曜日)天候 晴れ

2. 場所

  • 長崎県東彼杵郡彼杵川

3. 目的

  • 彼杵式鮎傾斜板の効果確認

4. 参加者

  • おもしろ河川団会員 池田団長、坂本顧問、中島事務局長親子、吉永氏、荒巻氏、坂本氏、和田氏、五十嵐
  • 江上小学校校長 横尾先生
  • 西九州短期大学 津上助教親子(女児)
  • 津上ゼミ学生諸君 男性1名 女性6名 合計18人

5. 実験内容

 荒巻氏と坂本氏が早朝から川に入り鮎の遡上の有無を調査。(※事前に調査の許可を頂いています)

 鮎は約7cm程度。今年は成長が遅いようです。

 傾斜板の遡上の実験も行いました。表面にネットを取り付けることにより遡上が行いやすくなったようです。

6. 検証結果

  • 今年は鮎の大きさも数も遅れているようです。前日にまとまった雨が降ったことも影響しているかも知れません。
  • 現在の仕様で7cm未満の鮎の遡上も可能であることが分かりました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA