「初めまして、筑波大学の金子です」

初めまして、筑波大学修士2年の金子です。筑波大学白川研究室は「彼杵おもしろ河川団」の皆さんの活動に協力し、また東彼杵の水辺を活かしたまちづくりへの提案を行っています。池田さんからバトンを頂きましたので一筆したためたいと思います。

先日行われた九州「川」のワークショップin遠賀川に、白川研究室の一員として参加してきました。ステージ発表では九州各地(とつくば)から集まった 48 の団体が、3分の持ち時間で日頃の活動・事業について発表しました。当研究室は私達はトップバッターの重役を担い、九州内外で行っている以下の活動について発表しました。

① 研究紹介

・・・研究室の研究内容(現地観測、環境流量グローバルモデル、渇水経済評価、河川市民団体)

② 東彼杵プロジェクト

発表内容:町民の方々に対して行った水辺との関わり方についての調査と、アユ・ドジョウ・シジミによる地域活性化の取り組みについて

③ 遠賀堀川プロジェクト

・・・福岡県遠賀川水系の人工河川である遠賀堀川を、学生の視点で再生する取り組み

発表内容:堀川の歴史的価値を守るべく雨水を利用して水を流す構想について

④ 常総水害対策チーム

・・・鬼怒川氾濫水害(昨年 9月に茨城県・栃木県で発生)時に行った被災状況の調査・ ボランティア活動について

⑤ 水辺で乾杯 in 天の川

・・・国交省が企画する「水辺で乾杯」を、大学構内を流れる人工河川(通称:天の川)で行う取り組み

魚の名前を音楽に乗せて歌う団体や方言を織り交ぜた漫才を披露する団体があるなど、発表の仕方は様々でした。ステージ発表を通して、九州は川に関する活動が盛んであるということを肌で感じることができました。

 

14992010_415126861944656_1052513161658848062_n

※写真は「九州「川」のワークショップin遠賀川」実行委員会Facebookページから引用

「商品を売るなら、物語を作ってください」

 これまで10年間の記録の整理、今後の展開、人との出会い、印象的な出来事、HPがやっと出来上がり、「そのぎおもしろ河川団」も大きく情報発信のスタイルがまとまりました。
 1ヶ月近くで、今回は超ハイスピード、五十嵐さんにつつかれて思わぬ成果が、これから大きく流れます。五十嵐さんは、とことん何かを追いかけられる。そして早い。文章編集担当のまちづくり課、髙島さん、筑波の若い学生さんは画像とデータ整理、それにコーディネーターの和田さんには、いつも全体の流れをまとめてもらっています。
 この「彼杵おもしろ河川団」の外へ向かった情報発信、これから思わぬ、予期せぬ出会いがスタートします。
 何かが起こりそうな、嵐の前の、静けさですが、今、そんな予感がします。

《Have you ever seen the rain》(雨を見たかい)
Someone told me long ago      昔誰かが僕に言ったんだ
There’s a calm before the storm    嵐の前の静けさの事を

20161117094005_001 これは60~70年代のアメリカの大地のにおいをシンプルでストレートに歌い上げた、伝説のロックバンド、CCRクリーデンス・クリアウォーター・リバイバルの曲です。

 当方の仕事は物を作り、その物語「答えは風の中」を書き続け、それで成立しています。
 今回もそうです。基本形はもう出来ていると思っています。今からは、その中身を高めること、物語を書きながら、それに沿った中身にしていくこと、するとムーブメントも成果も充実してきますよ。
 私は今回のHPの展開で、色んな人からアドバイスを頂いて、そんなことを感じました。情報発信はタイムリーにスピーディーに、筑波の学生さん、OBの方、早くこのメッセージに続けて、まずはあなた方からスタートしてください。

第16回九州「川」のワークショップin遠賀川

161112_00  2016年11月12-13日に、福岡県北九州市の黒崎ひびしんホールで、第16回九州「川」のワークショップin遠賀川が開催されました。
 このイベントは、「九州の河川や流域で活動する団体(住民団体・学校・企業など)が、活動発表や意見交換を行い、交流を促進し、次世代の人材育成と流域連携の促進を図る」ことを目的としたものです。
 東彼杵では、彼杵おもしろ河川団、東彼杵清流会、八反田自治会愛護団体の3チームがエントリーし、次のテーマで発表しました。


「バリアフリーな川をめざして」彼杵おもしろ河川団

 10年間、鮎の遡上を追い求めてきましたが、環境激変により、私たちの想像を超えた川の水位の不安定化により、追い立てられる川の生き物を目のあたりにして、現在の川の状況に少しでも対応する手法はないかと皆で考え続け、彼杵式流動調整機能付き簡易魚道のコンパクトモデルを持参し、説明いたしました。


「子どもたちの笑顔に川づくりを託す」東彼杵清流会

 東彼杵清流会が7年間続けてきた、彼杵小学校総合学習の、鮎の生態調査、鮎の産卵場作りを通して、子どもたちとともに理解できたことや、東彼杵町役場と筑波大学、東彼杵清流会が協力して出来た「東彼杵なつやすみ」の子どもたちとの合唱の報告、および筑波大学の本年の夏合宿の報告を行いました。


「川の生き物に地域の活力を託す」八反田自治会愛護団体

 4年前に団体は発足しましたが、スタートは地元の千綿川を流れるホタルの愛護活動でした。そこから多くのセクションのネットワークができて、その結果、加藤登紀子さんに「清流ホタルの郷よ」という曲を作っていただきました。現在はさらにネットワークが広がり、どじょうの増殖を通して地域を元気にする活動を企画し、実現に向けて頑張っていく考えを発表しました。